女子学生会館 文京カテリーナ女子学生会館 文京カテリーナ

カテリーナ スタッフブログ

2022.08.23

夏の甲子園

皆さんこんにちは。

夏の風物詩、甲子園・・・全国高校野球選手権大会。「青春ってすごく密~」という優勝校監督の言葉がとても印象的でした。

振り返ればそうですね。私は野球でなくサッカーでしたが、高校時代は本当に今でいう「密」の中で青春時代を送っていたと思います。

それは高校を卒業してからも・・・。

 

当館だけでなく、学生会館全般も長らく「密」を避けています。

その「密」を知る在館生は、現在の大学4年生の年代のみとなりました。「パーティーやイベントを開催してほしい」という声は、大学3年生以下の在館生からよく聞こえてきます。もちろん私もそうしたい・・・

歴代の在館生達が繋いでくれた“バトン”が・・・“伝統”が途切れてしまう、と長らく携わっている私は焦りにも似た感情が込み上げてきます。

それでも「どんなときでも、あきらめないで暗い中でも走っていけた~」という監督の言葉のとおり、いつの日か本来の活気溢れる学生会館に戻れると信じ、現状に甘んずることなく今できることを最大限に活かして、会館運営に努めたいと強く思いました。。

 

さて、話は再び甲子園。

今回の甲子園と言えば、今話題の(?)熊本代表「九州学院」が初のベストエイトに勝ち上がりました。

何が話題かと言いますと・・・?

ヤクルト・スワローズの4番打者、最年少三冠王に最も近い「村上宗隆」選手の母校であると共に、実弟の「村上慶太」選手が同校の現役4番打者で甲子園の土を踏み、“兄越え”のベストエイトまで勝ち進んだという事です。

兄弟そろって凄いですね~。

 

そして実のところ、文京カテリーナは、九州学院と縁もゆかりもあるんです?

何を隠そう、母体が「日本福音ルーテル教会」というところが共通です。

⇒「ウィキペディア

いろいろ調べてみると、九学(九州学院の略称)出身の有名人って、結構多いんですね!

⇒「九州学院高校出身の有名人

~という私も、あの時高校受験に失敗していたら九学に入学?・・・だったと(某都立高校を)卒業した直後に衝撃の告白を受けました。

当時はサッカーも強く(今は姉妹校の九州ルーテル学院が強いです)、私の高校在学中にインターハイを制してたので・・・もしかすると、もしかしてたかもしれませんね(笑)

 

まぁ私のたらればストーリーはどうでもいいのですが(汗)

 

《番外編》

ちなみに私にとっての甲子園は、“球場”ではなく・・・?

2000年の夏に“甲子園浜”でウインドサーファーデビュー・・・写真はその半年後の冬、“六甲おろし”に乗って滑走する私です。以来、海では熱く、陸では笑いの絶えない甲子園浜の仲間達と過ごした日々は、私にとって第2の青春です(笑)

やっぱり青春は密ですね!

東京転勤後は拠点を葉山に移しました。

実は転勤してしばらくの間、文京カテリーナとの関わりは夜勤(泊まり勤務)のお手伝いのみでした。当時の文京カテリーナは住み込みスタッフのご夫婦がいらっしゃり・・・聞けばその娘さんの旦那さんが偶然にもプロウインドサーファー!

という事で、私の最後の公式戦(もちろんアマチュアのです)レースの会場で記念のツーショット!!

当時はこんなに日焼けしてたんですね(汗)。

 

「夏の甲子園」というタイトルのブログ、実は「夏の甲子園浜」から始まった私の昔話という事で・・・大変失礼しました(笑)